中国語での交渉に|韓国の翻訳を依頼するポイント|正確さが重要

韓国の翻訳を依頼するポイント|正確さが重要

男の人

中国語での交渉に

本

ミスをなくすため

香港は中国の一部ですが少し前までイギリスの領地だったので、英語がかなり通じるといわれています。そのため、英語でビジネスのやりとりができると思っているビジネスマンがいますが、ペラペラだというわけではないので、やはり中国語での交渉を行ったほうが良いでしょう。香港側と日本側の両方でなれていない英語のやり取りをしたのでは、契約上の重大なミスがおこってしまう可能性があるからです。なお、書類ならば翻訳サービスを使用すれば簡単に中国語を日本語に直せますが、リアルタイムのやり取りは難しいので通訳を利用しましょう。通訳サービスならば話している中国語をその場でしっかりと訳してくれますので、ビジネスの交渉も段取り通りに上手くいきます。

電話サービスもあります

香港との通訳を頼む場合に心配してしまうのは、サービス時に発声する人件費の問題でしょう。人を雇うのはそれなりの費用がかかるので不安に思いますが、現在では電話を利用したサービスも存在しますので安心しましょう。電話での通訳サービスなら必要な時だけ仕事が依頼できるため、通訳をお願いしたときのみ費用が発生します。なお、香港との連絡役に電話通訳サービスを利用したとしても、提供されるのは中国語の翻訳だけに限定はされません。英語や韓国語など様々な言語を通訳してくれますので、そのときにあった翻訳をしてもらいましょう。ただし、サービス会社によって対応する言語数は違うため、国際的な企業なら多くの言葉に対応するところを選ぶことが大事です。